シャウテム利用規約

Shoutemアプリサービス利用規約

Shoutemアプリサービス利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社インキュービック(以下「当社」といいます。)が提供するスマートフォン用アプリ作成・管理ツール『Shoutemアプリサービス』(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する諸事項、その他必要な事項を定めたものです。第5条に規定する登録を行った利用者(以下「ユーザー」といいます。)は本規約を承認したうえで本サービスを利用するものとします。本サービスをご利用になる前に、本規約をよくお読みください。

  • 第1条 総則・適用範囲

    1. 本規約は、当社と本サービスを利用し、又は利用しようとする者との間の本サービスの利用に関する一切の関係について適用するものとします。
    2. 当社が、当社ウェブサイト上に本サービスに関して個別規定や追加規定を掲載する場合やそれらをメール等により配信する場合、それらの個別規定や追加規定も本規約の一部を構成するものとし、個別規定
  • 第2条 ユーザーへの通知

    1. 当社からユーザーへの通知は、別段の定めのない限り、通知内容を電子メール、書面又は当社のウェブサイトに掲載するなど、当社が適当と判断する方法により行います。
    2. 前項の規定に基づき、当社からユーザーへの通知を電子メールの送信又は当社のウェブサイトへの掲載の方法により行う場合には、ユーザーに対する当該通知は、それぞれ電子メールの送信又はウェブサイトへの掲載がなされた時点から効力を生じるものとします。
  • 第3条 規約の変更

    1. 当社はユーザーの了承を得ることなく本規約を変更することがあります。原則として変更日の30日以上前迄に、当社は変更内容を本サービスのウェブサイト内に掲載することによりユーザーへ通知します。緊急を要する場合は、予告無く変更することがありますが、その場合、同ウェブサイト内にて事後掲載することによりユーザーへ通知します。
    2. 変更後の規約は、前条の規定によりユーザーへ通知するものとし、別段のユーザーからの異議申し立てがない限り通知日をもってユーザーが同通知の内容に同意したとみなします。
  • 第4条 本サービスの申込方法

    1. 本サービスの利用申込者(以下「利用申込者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意した上で、当社ウェブサイトから申し込む方法又は申込書により申し込む方法のいずれかにより本サービスの申込を行うものとします。
    2. 当社のウェブサイトから申し込む場合には、ウェブサイト上の申込フォームのすべての項目をもれなく入力したうえ、画面に表示される手順に従って送信の操作を行ってください。
    3. 申込書により申し込む場合には、当社が定める様式の申込書のすべての項目を漏れなく記入し、これを当社又は当社が本サービスの申込の媒介を委託している当社パートナーに提出してください。
    4. 本サービスの申込に際しては、ウェブサイト上の申込フォーム又は前項に定める申込書に掲げるものの中からサービスの種類(以下「サービスプラン」といいます。)を選択してください。
    5. 本サービスの申込みにあたっては、利用申込者は真実かつ正確な情報を提供しなければなりません。当社は、利用申込者自身が登録した登録情報を前提として、本サービスを提供いたします。登録情報の内容に虚偽、誤り又は記載漏れがあったことにより利用申込者に生じた損害について、当社は一切責任を負いません。
  • 第5条 ユーザー登録

    1. 当社は、第4条に定める方法にて利用申込みを受け付け、必要な審査・手続等を経た後に利用を承認します。
    2. 当社は、利用申込者が以下のいずれかに該当する場合、その者の利用を承認いたしません。
      • (1) 利用申込者が実在しない場合
      • (2) 利用申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記入又は記入漏れがあった場合
      • (3) 利用申込者が過去に本規約の違反を行っている場合
      • (4) その他当社が不適切と判断した場合
  • 第6条 アプリの申請代行

    1. 本サービスは、第5条に定めるユーザー情報を元にスマートフォンアプリ(以下「アプリ」といいます。)を生成し、当社がアプリを米Apple Inc.(以下「アップル社」といいます。)の運営するAppStore及び米Google Inc.(以下「グーグル社」という)の運営するGooglePlayに対してユーザーに代行して申請し、掲載されるよう手続きを行います。ただし、申請したアプリは、アップル社及びグーグル社による審査が行われるため、当社は、掲載されることについて一切保証いたしません。
    2. AppStoreへの申請を円滑にするため、ユーザーは当社がアプリ紹介文等の申請内容を編集することに同意するものとします。
  • 第7条 本サービスの利用開始

    1. 本サービスは、ユーザーID、パスワード、アプリ管理画面情報及びサービス開始を電子メールの送信又は当社が適切と判断する方法により通知した時点でサービス利用開始とします。サービス利用開始の時点をもって、当社と利用申込者との間において本サービスの利用契約が成立するものとします。
    2. ユーザーは、本サービスを本規約に定める条件に従って利用できるものとします。
  • 第8条 利用料金

    1. 当社の提供する本サービスの各サービスプラン、追加オプションの料金その他の費用等については予めその額を定め、本サービスのウェブサイト http://www.shoutem.jp/pricing/へ掲載するものとします。次の各号に掲げる利用料金はユーザー自身が当社に支払うものとします。但し、シャウテム販売パートナーとして登録された場合その限りではありません。
      • (1) 初期費用
      • (2) 月額費用
    2. 当社は、法制度の改正、経済情勢の変動その他の事由により、前項に定めた料金等の額を変更することがあります。料金等の額を変更する場合、当社は、ユーザーに対し、変更後の価格を適用する月の前月の10日までにこれを通知するものとし、ユーザーが第10条に定める中途解約を行わない場合、ユーザーは当該変更後の価格に同意したものとみなします。
    3. ユーザーは、当社が別途指定する期日までに、当社が定める利用料金を次の各号のいずれかの方法で支払うものとします。
      • (1)クレジットカード決済
      • (2)当社の銀行預金口座への振込
    4. サービスプランによっては、前項の支払方法のうち、利用することができない支払方法がある場合があります。利用することのできない支払方法がある場合は、本サービスのウェブサイトへの掲載等、当社が適切と判断する方法でユーザーに通知します。
    5. 当社は、ユーザーから当社に対して支払われた利用料等の返金には一切応じないことにつき、ユーザーはあらかじめ了承するものとします。
  • 第9条 料金プランの変更

    1. ユーザーは、料金プランの変更を希望するときは、当社が別途定める方法により、当社に対し、料金プランの変更を申し出るものとし、当社から当該申出を了承する旨の通知をすることにより、料金プランの変更が認められるものとします。
    2. 前項に基づき当社から料金プラン変更を了承する旨の通知がなされた場合、変更前の料金プランに基づく利用料支払にかかる対象期間終了日の翌日から変更後の料金プランが適用されるものとします。
  • 第10条 本サービスの提供範囲

    1. 別途当社の定める範囲で提供します
  • 第11条 本サービス利用契約の中途解約

    1. ユーザーは、本サービスの利用契約を中途解約する場合は、解約1ヶ月前までに当社所定の届出方法に従い、届出を行うことにより、いつでも本サービスを中途解約することができるものとします。ただし、月の途中で中途解約する場合であっても、利用中止月の月額利用料金を支払うものとします。
    2. 前項の規定にかかわらず、ユーザーは、本サービスの利用契約の成立から6ヶ月経過するまで(以下「最低利用期間」といいます。)は、本サービスを中途解約することができません。ただし、最低利用期間における月額利用料金のうち、未払月額利用料金相当額を支払うことで、ユーザーは直ちに利用契約を解約することができます。
    3. 当社は次の場合、本サービスの解約を行うことがあります。
      • (1) ユーザーが本規約に違反した場合
      • (2) 当社が指定する期日までに本サービスの利用料金の入金が確認できなかった場合
      • (3) 当社から電子メールの送信で連絡を行っても1週間以内に返信がない場合、又は連絡がとれなくなった場合
      • (4) アプリが AppStore 及び GooglePlay の両方が掲載対象外となり、再掲載の見込みがない場合、当社より電子メールの送信又は当社が適切と判断する方法で通知し、本サービスの利用を中止するものとします。但し、この場合、ユーザーが既に支払った料金は当社に返金の義務がないものとし、ユーザーも返金の請求をしないものとします。
    4. 前項の規定に基づき、当社が本サービスの解約を行った場合、直ちに当該ユーザーのアカウントを停止し、ユーザーへ通知するものとします。通知後1ヶ月以内にユーザーより何ら連絡がない場合、当社は当該ユーザーのアプリデータを削除できるものとします。
    5. 当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負わないものとします。
  • 第12条 ID及びパスワードの管理責任

    1. ユーザーは、自己の責任においてログインID及びパスワードを管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。当社は、当該ログインID及びパスワードの一致を確認した場合、当該ログインID及びパスワードを保有するものとして登録されたユーザーが本サービスを利用したものとみなします。
    2. ユーザーは、ログインID又はパスワードが盗用され又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。
    3. ログインID又はパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任はユーザーが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。
  • 第13条 禁止事項

  • ユーザーは以下の各号に該当する禁止行為をしてはいけません。

    • (1) 著作権、特許権等の知的財産権を侵害する行為
    • (2) 名誉毀損行為、侮辱行為や他者の業務妨害となる行為
    • (3) 他人のプライバシーを侵害する行為や個人情報保護法に抵触する行為
    • (4) 不正アクセスをするなど不正アクセス禁止法に抵触する行為
    • (5) 他のユーザーのログインID又はパスワードを利用する行為
    • (6) 複数人が1つのユーザーアカウントを共同利用する行為
    • (7) 犯罪に関わる行為あるいは法令に違反する行為
    • (8) 公序良俗に反する行為、あるいは社会的に不適切な行動と解される行為
    • (9) 当社が不適切と判断した広告バナー、広告テキスト又は広告ハイパーリンクの表示
    • (10) 本サービスを管理するサーバーなどに過負荷を与えるプログラムなどの設置及び行為
    • (11) 本サービスの利用にあたり、当社が不適切と判断する行為
  • 第14条 保障保証の否認及び免責

    1. ユーザーが前条に定める禁止事項を行ったこと、又は本規約や当社が別途定める規定に違反したことによりユーザーが損害を被った場合においては、当社は直接的にも間接的にも一切の責任を負わないものとします。ユーザーの行為によって刑事・民事・行政上の責任が生じた場合、ユーザー自身においてその解決を図ることとします。
    2. 当社は本サービスの円滑な運営のため、ユーザーが前項に抵触する場合、又はその恐れがある場合、もしくは当社が必要と判断した場合、当社は予告なしに当該ユーザーに対する本サービスを停止し、当社サーバーに保存したデータを削除する事ができるものとします。その場合、当社は削除されたデータを復元する責任を負わないものとし、利用停止及び保存データの削除に起因する直接的又は間接的な損害に関して一切責任を負わないものとします。
    3. 当社は本サービスにおいて中断されない、エラーがない、ウィルスなど有害な要素が含まれないことを保証するものではなく、欠陥、一時停止、削除、変更、終了及びそれらに起因したユーザー又は第三者の損害に対し、一切責任を負いません。
    4. 当社は本サービスにおいて開示されたアプリのコンテンツ及び同コンテンツのリンク先が提供するサービスの合法性、道徳性、著作権の許諾の有無、信頼性、正確性について一切責任を負いません。また、当社は、本サービスの利用により、ユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性・完全性を有すること、本サービスの利用がユーザーに適用のある法令又は業界団体の内部規則等に適合すること、不具合が生じないこと及び本サービスの利用に関する問題を解決することについて、何ら保証するものではありません。
    5. 当社はユーザーが自ら開示した情報により、他のユーザー又は第三者との間における紛争、誹謗中傷、嫌がらせ、詐欺、ストーカー行為等の被害を受けた場合、同被害に関する損害について、一切責任を負いません。
    6. 当社は、本サービスが全ての端末に対応していることを保証するものではなく、また、仮に本サービスの利用開始時に対応していた場合でも、本サービスの利用に供する端末のOSのバージョンアップ等に伴い本サービスの動作に不具合が生じる可能性があることにつき、ユーザーはあらかじめ了承するものとします。当社は、かかる不具合が生じた場合に当社が行うプログラムの修正等により当該不具合が解消されることを保証するものではありません。
    7. 当社は、本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、情報の削除又は消失、ログインIDの削除又は消失、機器の故障又は損傷その他事由の如何を問わず、本サービスに起因又は関連して生じた損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。
    8. 本サービスは、本サービスと提携するサービスの役務が提供されないことにより、本サービスの全部又は一部の利用ができなくなることにつき、ユーザーは予め了承するものとします。当社は、この場合に起因又は関連する損害について賠償する責任を一切負わないものとします。
  • 第15条 サービスの一時的な中断

  • 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、ユーザーに事前に通知することなく一時的に本サービスを中断することがあります。

    • (1) 本サービス用設備等の保守、修理を緊急に行う場合。
    • (2) 火災、停電、地震、噴火、洪水、津波等の天災地変、戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合。
    • (3) 法令又はこれらに基づく措置により本サービスの運営が不能となった場合。
    • (4) その他、運用上又は技術上当社が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合。
  • 第16条 サービス提供の中止

    1. 当社は、事前通知をした上で本サービスの全部又は一部の提供を終了することがあります。ただし、緊急やむを得ない場合は事前通知をせず終了することがあります。
    2. 当社は、前条及び本条又はその他の事由により本サービスの提供の遅延又は中断等が発生したとしても、これに起因するユーザー又は第三者が被った損害について一切責任を負いません。
  • 第17条 権利の帰属

    1. ユーザーが送信(発信)したものならびに予めユーザーから当社に提供された固有デザイン、ロゴ、写真、名称の範囲、付随する意匠デザインの著作権を除き、本サービスに含まれているコンテンツ、ソフトウェア、個々の情報(データ)及び情報(データ)の集合体に関する所有権、知的財産権その他一切の権利は当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しています。また、本規約に基づく本サービスのいかなる使用許諾も、当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。
    2. 本サービスの提供、利用促進及び本サービスの広告・宣伝の目的のために、当社は本サービスへ送信された情報を、無償かつ非独占的にインターネットサイト及び紙面媒体へ掲載することができるものとし、ユーザーはこれを許諾するものとします。
    3. ユーザーは、当社の許諾を得ることなく、当社が提供する情報等の翻案、編集及び改変等を行い、これを第三者に使用させ又は公開することはできず、いかなる理由によっても当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これに限定されません。)をしてはなりません。
    4. 本サービス上、商標、ロゴ及びサービスマーク等(以下総称して「商標等」といいます。)が表示される場合がありますが、当社は、ユーザーその他の第三者に対し何ら商標等を譲渡し、又はその使用を許諾するものではありません。
  • 第18条 秘密保持義務

    1. ユーザー及び当社は、相手方の書面による承諾なくして、本サービスに関連して相手方から開示された相手方固有の技術上、販売上その他業務上の秘密を、本サービス期間中はもとより、本サービス終了後も第三者に対して開示、漏洩しないものとします。
    2. 前項にかかわらず、ユーザー及び当社は、裁判所の決定、行政機関等の命令・指示等により秘密情報の開示を要求された場合又は法令等に定める場合は、必要な範囲内と認められる部分のみを開示することが出来るものとします。
    3. 第1項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する情報は秘密情報から除外するものとします。
      • (1) 開示の時点で既に公知のもの、又は開示後情報を受領した当事者の責によらずして公知となったもの
      • (2) 開示を行った時点で既に相手方が保有しているもの
      • (3) 第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に入手したもの
      • (4) 相手方からの開示以降に開発されたもので、相手方からの情報によらないもの
    4. ユーザーは、当社から求められた場合はいつでも、遅滞なく、当社の指示に従い、当社から開示を受けた情報及び当該情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物並びにその全ての複製物等を返却又は廃棄しなければなりません。
  • 第19条 反社会的勢力の排除

    1. 当社及びユーザーは、相手方に対して、ユーザーが本規約に同意した日及び将来にわたって、自己又は自己の役職員が次の各号に掲げる者(本規約において、「反社会的勢力」という。)でないことを表明し、保証します。
      • (1) 暴力団、暴力団の構成員(準構成員を含む。)又は暴力団の構成員でなくなった日から5年を経過しない者。
      • (2) 暴力団関係企業。
      • (3) 総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団又はこれらの団体の構成員。
      • (4) 前各号に準じる者。
    2. 当社及びユーザーは、次の各号のいずれかに該当する行為若しくは該当するおそれのある行為を行わず、又は第三者をして行わせしめないことを相手方に対して表明し、保証します。
      • (1) 暴力的な要求行為。
      • (2) 法的な責任を超えた不当な要求行為。
      • (3) 取引に関して、脅迫的な言動を行い、又は暴力を用いる行為。
      • (4) 風説の流布、偽計若しくは威力を用いて信用を毀損し、又は業務を妨害する行為
      • (5) 前各号に準じる行為。
    3. 当社及びユーザーは、相手方が前2項に定める表明保証に反した場合は、将来に向かって直ちに本サービス利用契約の解除を行うことができます。
    4. 当社又はユーザーが本条に定める解除を行ったときは、本サービスは、その解除の通知を相手方に発信した日をもって終了します。
    5. 当社及びユーザーは、本条に定める解除を行った場合であっても、相手方に対する損害賠償請求権を失わないものとします。なお、解除された当事者は、解除した当事者に対して損害賠償を請求することはできません。
  • 第20条 損害賠償

    1. ユーザーは、本規約に違反することにより、又は本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対しその全ての損害(弁護士等専門家費用及び当社人件費相当額を含みます。)を賠償しなければなりません。
    2. ユーザーによる本サービスの利用に関連して、当社が、他のユーザーその他の第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合、当該ユーザーは、当該請求に基づき当社が当該第三者に支払いを余儀なくされた金額及び当該請求に係る紛争等の解決のために当社が負担した金額(弁護士等専門家費用及び当社人件費相当額を含みます。)を賠償しなければなりません。
    3. 当社は、本サービスに関連してユーザーが被った損害について、一切賠償の責任を負いません。なお、消費者契約法の適用その他の理由により、本項その他当社の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず当社がユーザーに対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の賠償責任の範囲は、損害発生時点までにユーザーにお支払いいただいた本サービスのご利用料金(最大1年分とします。)を上限とします。
  • 第21条 本規約上の地位の譲渡

    1. ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、サービス利用契約上の地位又は本規約に基づく権利義務の全部又は一部を、第三者に譲渡(合併、会社分割等による包括承継も含みます。)し又は担保の目的に供することはできません。
    2. 当社が本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴いサービス利用契約上の地位、権利及び義務並びに登録情報その他の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡できるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとみなします。本項にいう事業譲渡には、当社が消滅会社又は分割会社となる合併又は会社分割等による包括承継等を含むものとします。
  • 第22条 分離可能性

  • 本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定、及びその一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、当社及びユーザーは、当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力をもたせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

  • 第23条 当社への連絡

  • IDやパスワードを紛失した場合、本利用規約やその他のユーザーの遵守事項に第三者が違反しているのを発見した場合、その他当社に対する問合せが必要な場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

  • 第24条 存続規定

  • 第8条、第11条、第14条、第16条乃至第23条、本条、第25条およびその性質上契約終了後も効力が存続すべき条項は、サービス利用契約の終了後も有効に存続するものとします。

  • 第25条 一般条項

    1. 本規約の準拠法は日本法とします。
    2. 本サービスの利用にあたり、本規約及び当社の指導により解決できない問題が生じた場合、ユーザーと当社との間で誠意を持って話し合い、これを解決するものとします。
    3. 本サービス又は本規約に関し、訴訟の必要が生じた場合、当社の本店所在地を管轄する地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

2017年8月22日制定