shoutem旧バージョン サポートセンター

Googleカレンダーと Apple カレンダーからデータをiCalenderへインポートする

多くの方がこういったイベント管理機能を使用している今、ShoutEmプラットフォームへもインポート出来るようになりました。

アプリとイベントとの同期方法について述べてまいります

フィードのエクスポート

アプリにフィードを起動する前に、まずそのリンクを作成しましょう。カレンダーを設定する場所はプラットフォームによって異なりますので、以下をご参照ください。

Googleカレンダー

まずGoogleアカウントにログインして下さい。アカウントがまだ無い場合は、まず登録を済ませましょう。
一たびログインしたら、カレンダーを作成します。既にカレンダーがある方は、アプリへインポートしてください。
まず、イベント機能に入れるカレンダーのリンクを作成します。
左側にカレンダー一覧が表示されるので、インポートしたいカレンダーを選択して下さい。右端に逆三角のアイコンが表示されるのでクリックして、オプションメニューを開きます。

オプションメニューを開いたら、カレンダーの設定をクリックします。

ページを下までスクロールさせましょう。プライベートアドレスタブとその右にカラーで表示された二つのリンクがあります(XMLとICAL)。緑のボタンICALをクリックしましょう。

リンクは下記のように表示されます。

これがカレンダーフィードのリンクです。アプリビルダに入れこむために、これをコピーしてください。「アプリにフィードを追加する」へ進みます。

Appleカレンダー

iCloudにログインしてから、カレンダータブに入ります。

左側にカレンダー一覧が表示されるので、インポートしたいカレンダーの横にある「信号サイン」のアイコンをクリックして下さい。

一般カレンダーのチェックボックスに印をつけると、有効になります。

チェックすると、その下にカレンダーのリンクが表示されます。これがアプリにインポートするリンクとなりますので、コピーしておいてください。

アプリヘフィードを加える

エクスポートするカレンダーのリンクを見つけたので、これをアプリに入れましょう。

コンテンツマネージャから「コンテンツを追加する」ボタンをクリックします。

イベント>iCalender機能を選択します。

次はコピーしてあるカレンダーのリンクを、入力欄にいれてから「インポート」ボタンを押します。

カレンダーがインポートされましたので、後は、このカレンダーをデザインタブに加えれば完成です。