shoutem旧バージョン サポートセンター

アプリとTwitterとの統合を設定する

TwitterAPIを導入すると、Twitterアカウントにログイン出来るので、アプリを使いながらの情報交換が可能になります。ShoutEmビルダ内において設定>共有設定>TwitterタブからAPI統合を行います。

Twitter.com側での設定

まず始めに、Twitter アカウントの認証が必要です。登録を済ませてください。

次に、外部ソースとTwitterを結ぶ事が可能なアプリ一覧が表示されるページを開きます。まだ未設定でしたら、最上部右にある「新規アプリを作成」ボタンをクリックして下さい。

すでに弊社アプリ(旧バージョン)を取込んでいる場合は、設定の再確認を行ってください。ShoutEm V4とTwitterの統合は問題なく設定可能です。

「新規アプリの作成」ボタンで「アプリ詳細」ページが開きますので、ここに以下詳細を入力して下さい。

1.名前 -ShoutEmで作成したスマホアプリの名前を入力
2.詳細 - アプリの説明。ユーザがアプリからTwitterアカウントの認証を受ける時に表示されます
3.ウェブサイト - ウェブサイトからあなたのアプリ詳細や会社情報等を調べるユーザもいます。FacebookプロフィールやダウンロードURLのリンクも表示出来ます。
4.コールバックURL - このURLは必ず http://www.shoutem.com/twitter_callbackとして下さい。

代理店/ホワイトレーベルのお客様は、この設定でShoutEmブランドが表示される事はありません。ご自身のブランド名でユーザはTwitter と共有出来ます。ただし、もしユーザが設定してTwitterと 統合出来るようにしたい場合は、データをShoutEmへ送信できるようにあなたのツイッターコールバックリンクからのCNAMEリダイレクトを作成する必要があります。

このように、「アプリ詳細」欄への入力情報の以下のようになります:

スクロールダウンさせてTwitter APIの利用規約を確認して「了解します」にチェックを入れてから、悪意あるロボットでないことの画面認証CPTCHAを完了させてください。次に、「Twitterアプリの作成」を選択します。

正しく設定できていると、新しいTwitterアプリが表示されているはずです。

設定とキー

次は、設定タブを開いて、アプリのアバターと画像を追加します。

情報や機能を共有する為には、「アクセス」にある「読む・書く」を正しいパーミッションで設定しなくてはいけません。更に、コールバックURLの再入力も不可欠です。

このアプリからTwitterへのサインインを許可する」へもチェックを入れてください。

オプショナルではありますが、ユーザがあなたのアプリを確認し、今後も共有してもらうためにも、「アプリアイコン」においてサムネイルかアバターを作成する事をお勧めしています。

アクセスとアプリアイコンの設定が完了したら、下部にある大きい青いボタンマークの「このツイッターアプリの設定を更新する」を必ずクリックしてください。更新を完了させた後、再び「詳細」タブを開いてください。

「OAuth」設定でコンシューマキーとコンシューマシークレットの値が表示されます。これら値をコピー・ペーストするか、もしくはタブ・ページを開きながら入力します。これが、ShoutEmビルダ内の設定>共有設定>ツイッターで必要になります。

注意 : 上記は一例ですので、実際のキーとシークレットは異なります。

アプリビルダ内でキーとシークレットを統合する

ShoutEm.comへ戻って、アプリビルダのトップメニューで設定>共有設定、Twitterを選択します。こちらにコンシューマキーとコンシューマーシークレットを入力して下さい。

ツイッターキーを「保存」すると、Twitter API統合が完了です。もし、アプリが公開中でしたら、上部右端の「再公開」ボタンを使用して再公開して下さい。

以上により、Twitterユーザともソーシャルが可能になったことを願っております。