shoutem旧バージョン サポートセンター

Mailchimpとの統合を設定する

Mailchimpに対応したニュースレター統合プロバイダも設定可能になりました。

ニュースレター統合は、ユーザから送られたアプリ製作者へのEメールを保存してくれます。ShoutemはバックでEメールを保存する事は無いので、サードパーティのニュースレタープロバイダへ送信しています。

ご自分のアプリの中にMailchimpのメールリストを統合したい場合、定期購読者一覧を「作成」して、必要なデータをコピーしてからアプリビルダ内に設定してください。

Mailchimpのダッシュボード側の設定

まずMailchimpアカウントを作成してログインしましょうhttp://mailchimp.com/

次に、アプリのMailchimp機能に加えたい定期購読者一覧を作成します。左側メニューからリストボタンを選択して、右端上部の「作成リスト」をクリックしましょう。

メールリストをまず作成してから、次にこのリストに必要な情報を各欄に入力しなければなりません。

・リスト名
・(デフォルト時の)氏名 - 送信者名
・(デフォルト時の)住所 - 返信メールが送られる宛先アドレス
・(デフォルト時の)表題(オプション) - メーリングリストの名前。頻繁にコンテンツが変更する場合は不要です
・メール送信の理由・由来 - メールがあなたの名簿から送信された理由をユーザへ短く説明
・アドレスのデータ
・電話番号(オプショナル)
・確認通知 - リストのオーナーとして表示して良いか否かの確認
・Eメール形式 - こちらにチェックを入れると、ユーザはHTML形式からプレーンテキストへ変更可能です。チェックを入れなければ、HTMLがデフォルトの形式です。
必要欄の入力を済ませてメーリングリストを作成したら、リスト名をクリックします

トップメニューの「設定」をクリックして「List fields and *|MERGE|* tags」オプションを選択しましょう。

この統合用リストを別目的で使用する予定が無い場合、Eメール以外の情報欄は全て削除する事をお勧めします。何故なら、ShoutEm はアプリ上のニュースレターポップアップ内にあるEメール欄しか表示しないので、作成リスト内に任意でもマストでも入力欄が残っていると不具合が起きることも考えられるからです。

もし、この統合用リストを他の機会にも使用する予定でしたら、Eメール欄だけを残すようにしましょう。さもないと、アプリ内でニュースレターが作動しない、またはエラーを起こす可能性もあるかもしれません。アプリ用に新しいリストを作成した際には、必ずこの設定をご確認ください。

Mailchimpインターフェース側での作業は、メーリングリストIDとMailchimp統合キーを入手すれば終了です。

メーリングリストID:設定>リスト名をクリックすると、デフォルトでメニュー上部にIDが表示されます。

Mailchimp APIキー:ご自分のアカウント名>アカウント設定>その他>APIキーの順でクリックして下面を開きましょう。「APIキーを作成」をクリックしてください。APIの作成が終わったらコピーします。

Mailchmap に関するご質問はMailchimp Support Centerまでお問い合わせください。

ShoutEmアプリビルダ側の設定

アプリビルダ内でMailchimpを統合する設定する為に、まず設定>ニュースレターから「有効」ボタンを押してください。ニュースレター統合が有効化されたら以下のように設定して下さい。

プロバイダ:Mailchimp
APIキー:Mailchimpのダッシュボード上部よりコピーして下さい
メールリストID:Mailchimpのダッシュボード上部よりコピーして下さい

その他の設定をご希望に合わせて行ってください。終了後は「保存」ボタンを押します。このアプリを公開しているなら、右上部の「再公開」ボタンもクリックして下さい。正しい設定か否かの確認も必要です。

再読み込みには10-15分かかりますが、ユーザがアプリを再起動させた時点でニュースレターが表示され、登録が可能となります。