shoutem DMCA

Digital Millennium Copyright Act デジタルミレニアム著作権法について

DMCA侵害申し立てを弊社までご連絡くださるにあたり、まずは以下をご一読ください。

利用規約で定めるウェブサイトに掲載される内容がご自分の著作権を侵害していると思われる場合は、下記の情報を弊社メールアドレスまでお寄せください(以下、侵害申立て)。
もしshoutemがこの侵害申立てを受理すると、shoutemが管理する侵害を行ったが側のEメールアドレスへ連絡します。あなたの侵害申立ては、先方へ直接、もしくはChillingEffects.org等第三者機関へ伝えさせていただきます。しかしながらご注意いただきたいのは、もしも商品やアクティビティが著作権を侵害しているとの情報が誤認であった場合には、補償責任(実費及び弁護費用を含む)を負う可能性があるということです。もし著作権を侵害しているサイト箇所やリンク先に不安がある場合は、まず弁護士にご相談される事をお勧めします。
侵害申立てのご連絡は、dmca [at] shoutem.com まで、添付なし(メールの添付は破棄されます)の通常のテキストファイルで、以下の全ての情報をメールして下さい:著作権の所有者、もしくはその代理人の電子署名著作権が侵害されていると思われる著作物の詳細著作権侵害の申立て対象となる素材もしくはそのロケーションを明記して下さい。

shoutemが対象個所を確認できるように、例えば(ブログ名だけではなく)投稿ブログのリンクを明記し、画像やリンク、文章等のどこが申し立て部分であるかを特定してください。
お名前、住所、電話番号やメールアドレスの記載
以下の文を記載して下さい:
「私は、上記の著作物に著作権侵害の疑いがあり、著作権の所有者や代理人、法律による許可なく使用されていると確信しております。」「私は、不実記載における罰則事項を確認の上、本状に記載されている情報に偽りが無く、本状で著作権の侵害を申立てた著作権物の著作権所有者、または著作権所有者から委託を受けた代理人である事を誓います。」

もしこの侵害申立てが有効とみなされると、法律に基づき、侵害されたとされる著作物はアクセス不可となります。shoutem.jpのユーザのソーシャルネットワークがこの理由によりアクセス不可になる時には、通知を提出します。その場合、異議申し立てを行って、当該コンテンツが著作権を侵害していない、またアクセスの再開の申請を弊社まで申し立てを行う事が出来ます。異議申立ては[email protected] まで、添付なし(メールの添付は破棄されます)の通常のテキストファイルで、以下の全ての情報をメールして下さい:

お名前、住所、電話番号、記名または電子署名を記載:
著作権の侵害を申立てられたコンテンツと、アクセス不可以前のロケーション不実記載における罰則の適用に関する実効を確認の上、誤認または取違えにより削除された旨を記載する